お祝い

ご家族のお誕生日や七五三、結婚記念日、長寿のお祝いといった記念日にお客様の大切なひとときを心をこめたお料理と接待でおもてなしいたします。

お客様のご用途・ご予算に合わせた懐石料理とコースをご用意いたしますので、ご遠慮なくお申し付けください。

  • お誕生日などではコース料理の最後の果物、
    デザートの代わりにバースデーケーキをご用意できます。
    (ケーキは別注も可能です。)
  • 別料金で鯛の姿焼きをご用意できます。
  • お食い初めではお食い初め用のお子様の料理をご用意できます。
和室1芳月和室2

成長を祝う行事

  • お七夜
    ご誕生から数えて7日目のお祝いをします
  • お宮参り
    生後30日前後に初めて神社にお参りし、お祝いをします
  • お食初め
    生後100日目に「一生食べ物に困らないように」と願いを込めてお祝いをします
  • 初節句
    1歳になる年に、
    男の子は端午の節句(五月五日)、女の子は桃の節句(三月三日)にお祝いをします
  • 七五三
    3歳男女、5歳男子、7歳女子の健やかな成長の願いを込めてお祝いをします

長寿を祝う行事

  • 還暦
    数え年61歳で、再び生まれた時の干支に還ることに由来しています
  • 古希
    数え年70歳で、杜甫(とほ)の詩中の句「人生七十古来稀なり」に由来しています
  • 喜寿
    数え年77歳で、「喜」の草書体が「七十七」に見えることに由来しています
  • 米寿
    数え年88歳で、「米」の文字を分けて書くと「八十八」になることに由来しています
  • 卒寿
    数え年90歳で、「卒」の俗字「卆」が九十に見えることに由来しています
  • 白寿
    数え年99歳で、「百」の文字から「一」をとると「白」となることに由来しています

法事・法要

故人の思い出をより大切にする為には、ご法事での会食は欠かすことのできないものの一つです。

忌中払い、偲ぶ会、ご法要のお集まりに、思い出を語り合うご会葬などにお集まりいただく親しい方々へ旬の食材、季節を感じとれる懐石をゆっくりとご賞味いただけます。

また、仏事では陰膳の用意ができます。


最寄のお寺

  • 町田方面
    一行寺・青柳寺・宗保院・浄運寺・勝楽寺
  • 座間方面
    龍源院・常泉院

年忌法要

  • 初七日
    火葬場から戻ってすぐに精進上げと同時に営むことが多いです
  • 四十九日
    納骨埋葬を兼ねるのが一般的です
  • 一周忌
    最初(翌年)の祥月命日。一般にこの日までが「喪中」となります
  • 三回忌
    二年目の祥月命日。一般に三回忌まで、親類を呼ぶ場合が多いです
  • 七回忌
    解く年め。十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌も同様です
  • 三十三回忌
    地域によっては最後の法要のため、盛大に営まれます
  • 五十回忌
    最後の法要となります。これを以って弔いあげとなります